09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

カステラと芋ようかん

2012.10.13 (Sat)

今週から秋の新メニュー、カステラと芋ようかんです。
南蛮貿易を通して伝わったカステラ。当初は砂糖、小麦粉、卵だけで作られていてパンのようだったとか・・・
江戸時代に入り水飴を加えたりして改良し続けられ、現在のような日本人の口に合うカステラが出来上がったようです。
長い長い歴史があるだけに、簡単に作るのはなかなか手ごわいです
しかも材料がシンプルなだけに、ごまかしもききません。作れば作るほど難しさを感じたカステラ作りですが・・・
ガトママカステラが何とか完成です
今回は、もち米水あめをつかって味にこくを出してます。
焼きあがってからの熟成、保存にもかなり気を使います。
持ち帰ったカステラをおいしい状態で食べていただけたら嬉しいかぎりです


IMG_9786.jpg



サイドメニューの芋ようかんは、さつま芋によって味も見た目もかなり変わってきます。
なると金時に、紅あずま、紅まさり、紅こがね・・・本当にいろんなお芋で作って、おいもの勉強たくさんさせていただました。どのお芋にもそれぞれの特徴があっておもしろいです。
今回は色がとってもきれいな紅まさりをベースに地元のおいもを色々ブレンドして調整しました。
裏ごしがひと手間ですが、みんなで作ればあっという間。
冷凍保存も可能ですので、さつま芋のおいしいこの季節にたくさん作ってみて下さいね  

                                     IMG_8416.jpg
スポンサーサイト
21:16  |  教室  |  Trackback(2)  |  Comment(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。